■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:07-5-23

減量といえば「これ!」といえるほど、
ウォーキングって減量に効果的なんですよね。

ウォーキングの利点は、思い立ったらすぐできること。
必要な物は、靴くらいですから、とってもお手軽!!

でも、ウォーキングしていると
「脚が太くなっちゃう」と敬遠されている方もいるとか…

脚痩せのためのウォーキングは、
脚を意識しながらウォーキングするが大切です。

普段のように気楽に歩いたり、猫背で前かがみでは、
脚に負担が掛かるだけで、
脚痩せの効果はありません。

脚を意識して歩くだけではなく、
正しい姿勢でウォーキングをする必要があるのです。

脚全体の筋肉を均等に使うと、
綺麗に筋肉がつき、非常に脚が綺麗になります。
運動不足解消にも効果的ですし、お金も掛けずに、
正しい姿勢で歩くだけなので、とっても簡単ですよね!

しかし、
簡単に出来る分、直ぐに止めてしまいがち…

辞めてしまう方の理由は色々ですが、
簡単だからこそ飽きやすいのが問題のようです。

少し飽き気味になってきた頃、
悪天候が降るなどウォーキングができない日が続いたのをきっかけに
投げ出してしまう方。
最初は毎日を意識し、正しい姿勢で歩いていても
毎日繰り返すうちに、ダラダラとただ歩くだけになってしまう方。
そんな方が多いのです。

ウォーキングは、根気強く続ける事で
少しずつ減量効果がでてきます。
目標を立て、続ける事が一番重要なのです。

また、疲労が蓄積しないように、ウォーキングから帰った後は、
ゆっくり毎日をリラックスさせ、マッサージをしてくださいね。